ぱんだの徒然日記

無二ぱんだが料理やスマホ、スイーツ、感じた事を紹介する雑記ブログ

毎年インフルエンザに掛かっていたぱんだが撃退できた話

スポンサーリンク

令和になり、今年は去年より早くインフルが流行り出したと厚生省より発表がありました。

毎年インフル予防で注射を受け、悪化しないように手洗いとうがいを心掛けていると思います。

 

どんなに自分自身で徹底していても、周囲も徹底していないと意味がないんです。

 

接客業をしていたぱんだは、風邪をなるべく引かないように色々な物に手を出したり工夫をしていました。

・仕事中は1年中マスクをする

・野菜ジュースをコップ一杯飲む習慣を付ける

・アサイーなどスーパーフードを入れたヨーグルトを食べる

 

どんなに工夫や努力をしていても、感染する時は感染します。

 

何故か?

電車やバス、学校、病院、会社。

至るところにマスクをしている人達は居ます。当たり前ですが。

うつりたくない。自分の風邪を周りにうつしたくないとマスクをしている人も居ます。

電車やバスで隣に座ってる人が、すっごい咳してる。しかもマスクしてない。手で隠してる。

 

マスクして・・・その咳が感染して風邪うつったらどうしてくれるの・・・

内心イライラと気が気でありません。

ちょっとくしゃみ連発していたり、痰が絡んだ咳してる人に限ってマスクしていない人が多い。

 

自分がいくらマスクをしていても、くしゃみ音や咳している人が隣に座った日は恐怖ですよね。

ぱんだもそんな状況に頻繁になり、その時は呼吸を止めて、車両を移ったりしていました。

 

まぁ、それでも毎年インフルに掛かっていたのですが・・・。

そんなぱんだですが、ある事をすることで、インフルに掛からなくなりました。

 

今日はその方法を教えたいと思います。

 

  1. マスクにお金をケチらない。
  2. マスクは鼻部分まで覆うことが出来るタイプにする

もうこれだけ。

 

接客業をしていたぱんだは、マスクにそこまでお金を掛けていられないと思い

それまでは、30枚入りのマスクを買っていました

眼鏡をかけているんですが、マスクすると眼鏡が曇ることが冬はしょっちゅうで

マスクうざい、と思う事が多々・・・。

 

安いマスクですと、眼鏡が曇らないように鼻部分まで覆えるマスクが、まぁ無いです。

なので、鼻部分もすっぽり覆う事が可能、なおかつ顎下部分までも覆えるマスク。

しかも肌が弱いぱんだでも、汗をかいたりしても痒みが出ることもなかった物。

 

これを付けることで、あれほど毎年インフルに掛かっていたぱんだですが、ピタリと止まりました

他の従業員は掛かったりしていましたが(^-^;

 

 

ぱんだはコンビニで購入していたのですがコンビニでも7枚入りで368円程でした。

個別包装タイプです。

 

これぐらいの価格で鼻部分まで覆えるタイプにするだけで、嘘のようなインフルに掛かりませんでした。

口部分をマスクで覆いくしゃみや咳の飛沫感染を押さえようとしても、鼻の孔から呼吸をする限り、鼻に入っていくんです。

 

風邪の菌がくしゃみや咳で外気に飛ばされた場合、空気中に短くても3分間ぐらいは浮いているので、その間に鼻をマスクで覆っていない場合は吸い込んじゃっているんです。

 

そうすると、いくらマスクをしていても、無意味になります。

 

鼻から顎部分まで覆うタイプの決して安くない使い捨て個別包装タイプのマスクでインフルをガードしましょう!

 

 

ある程度の体力をつけたり体重を増やすのも手です。

ぱんだも平熱が35度と低かったのですが、低いと免疫力が低下しやすく風邪を貰いやすい体質になります。

体重を平均体重ぐらいあり基礎代謝をあげることで頻繁に風邪を貰っている方は改善されるでしょう。

 

ダイエットはホルモンにも狂いが生じやすくなる為、食事ではなく、運動によるダイエットに留めて置き、風邪や病気に掛かりにくい身体を作りましょう。