ぱんだの徒然日記

無二ぱんだが料理やスマホ、スイーツ、感じた事を紹介する雑記ブログ

早期割引狙ってお歳暮を考える時期!

スポンサーリンク

11月も早下旬。

大掃除に年賀状のハガキ買いや予約、クリスマスの準備、ケーキの予約

暮れはやる事いっぱいですよね。

 

絶対に後回しになる大掃除は、周囲に気を遣い過ぎて疲労困憊になり、結局簡単にちゃちゃっと済まして終わらせよう!

例年こんな感じになっちゃってます。

 

でも早くやるに越したことはないんです。

ということで、今回はお歳暮です。

 

お歳暮は実家暮らしの時は、父が自営業でしたので家に毎年クッキー詰め合わせや珈琲類が届いていました。

子供がいるのが判っていたから、家族で分けて食べられるようにと思っての物だったと今思います。

 

実家を離れて暮らすようになってからは、実家の両親へお歳暮を贈っています。

日頃の感謝を伝える交流の一つ、とぱんだは思っています。

中には物が送られてくると、何かお返しをしなきゃいけないから贈りたくない&貰いたくない、という人も居るかもしれません。

 

そういった場合には、贈り物を贈った時にメッセージを送るとか、電話で伝えるとか

双方の親密度によってそこは変わってくるかと思われます。

 

でもねぇ。好物や食費を浮かせる!って思うものが届くって、すっごく嬉しいイベントだとぱんだは考えているので、日頃疎遠ならまだしも良い交流があるなら贈って良いんじゃないかな!

 

お歳暮を贈る時期は、だいたい12月10日から20日頃までです。

 

予算や相手の好みや家族構成が判らない!!
そんな時は、自分が何を貰ったら嬉しいか?をまず考えてみると良いかもしれません。

  • 普段絶対買うことはしないけど、貰って嬉しいもの
  • 貰ったら食べるもの
  • 貰っても使う用途が判らず困るもの

3つに分類できると思うので。

 

使う用途が判らない場合は、こういう使い方が出来ますよ、という説明書やレシピをいくつか入れると嬉しいですよね。

 

珈琲や果汁100%ジュースは相手への贈り物の中に必ず入っていますが

寒い冬にこれが送られてきても、夏なら良かったのに・・・と貰う側だとしたら困惑するので避けた方が良いと思います。

温かい飲み物に応用が効くなら、良いでしょう。

 

ちなみに、ぱんだが実家の両親へ贈っている商品はこちら。

70代の年金夫婦二人暮らしだと、常日頃お肉を買って食べるって出来ないと思うんです。手間もかかりますしね。

 

家に常に居るから、手間が込んだ料理が出来るんじゃ?

体力もやる気も寒さで落ちている状態で、手の込んだ料理作りたいですか?逆に聞きたい。

 

これは真空パックに入っていて、そのままでも食べられますが

温めると、箸で簡単にほぐすことが出来る柔らかさになります

脂身多いんじゃない?って思う人もいるかもしれません。

まぁ、角煮ですし。

濃厚な味噌の味が浸み込んでいますので、1食ぐらいご褒美で脂身取っても良いんじゃないでしょうか。

 

温めて、5~6枚ほど切り、温かいご飯の上にこの豚肉の味噌煮込みを載せ、刻み葱を散りばめればとろっとろの豚角煮丼が完成します。

 

もし、それでもどんな味なのか試してみたい方がいたら

こちらお試しセットが送料無料2999円でありますので、実際に味わってみて

こういうアレンジレシピも出来る!

調理法を見出してから、相手へ贈る、というのはどうでしょう。

 

自分が食べて美味しかったものを相手に贈ると、会話も弾みやすいですし。

 

「普段二人だと食べきれないって思っちゃって手が出せないから

毎年ありがとうね。美味しく食べてるわ」

母から貰っている言葉です。

 

さーて、2年連続豚肉の味噌煮込みを贈ってきたので、今年は何にしようかな~。