ぱんだの徒然日記

無二ぱんだが料理やスマホ、スイーツ、感じた事を紹介する雑記ブログ

紅茶好き+バウム・クーヘンときたら、無印良品の紅茶バウムを食べてみた

スポンサーリンク

不揃いバウムが人気でお馴染みの無印良品さんの商品。しっとりとしていて、22種類の味もあってどれも食べ応えがあってお安いですよね。

よくこの味が美味しい!という声を耳にするけれど、一度も食べたことがない無二ぱんだです、こんにちは。

 

今日はですね、無印良品から出ている、紅茶バウムというでかい箱に入ったバウム・クーヘンを相方が手土産に買ってきてくれたので、そちらを食べた感想をズバッと切り取っていきますので、気になった方は参考にして下さいませ。

 

 

バウムクーヘンの製造元

無印良品さんから出ている不揃いバウムや、少々大き目のギフト用紅茶バウムなどは、「株式会社香月堂」で作られています。

 

ぱんだにはあまり聞いたことがない会社だったのですが、所在地が愛知県で、西日本生まれの相方はこの社名に聞き覚えがあったそうなので、西の方にはなじみがあるお菓子なのかもしれません。

 

香月堂さんのブランドは、パッケージを見る感じ、スーパー等で売られている半月型のバームクーヘンが個包装で9個ほど入った袋がメインとなっています。

 

関東にもスーパーでお菓子コーナーに半月型のバウムクーヘンが7個か8個個包装で入ったのが売られてますが、あれと同じなのかちょっと不明です。

まぁ、あれは水分奪われる系ですが(;´∀`)

 

紅茶バウム ギフトボックス

不揃いとは別に、直径15cmほどの大きいバウム・クーヘンを扱っているのですが見たことあります?

ぱんだも知らなかったのですが、バナナ味、紅茶味とチョコ味の3種類を取り扱っています。

 

こちらも香月堂さん製造。

外見はとしいますと、

f:id:panda7853:20210526075616j:plain

無印良品のギフトボックス 紅茶バウム

こういう感じになっており、原材料や製造元部分は、

f:id:panda7853:20210526075710j:plain

紅茶バウムの製造元

こんな感じになっています。

食品や製造物の含有量が多い順に原材料を明記されていますので、紅茶バウムで一番多く使われているのは、砂糖だと判ります。

 

まあ、和菓子以外は砂糖の量は悪魔的だよね。

 

製造元や原材料が記されているこの画像に、目を疑う衝撃箇所があるの、気づきました?

ちょーーっとよ~く見てみよう!

 

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

はい、正解はですね、な、なんと!

エネルギー、1396kcal

 

成人男性の1日の摂取カロリーが約2200kcalなので、これ一つペロッと食べてしまうと1日の半分のカロリーを摂取してしまう計算になります。おそろしや……。

 

直径15cmといっても、どの位の大きさか判りずらいと思いますので、ショートケーキを食べる専用のお皿に乗っけてみた画像をお見せしますね。

 

 

f:id:panda7853:20210526080620j:plain

半分に切ってお皿にのっけてみた

皿が見えなくなりそうだったので、半分に切って載せて見ました。

クリスマス柄なのは気にしないで下さい。

コージコーナーのショートケーキをこのお皿に乗せると2個ぎりぎりなので大きさがわかるかな。

 

どうしたってでかいよね、これ(;´∀`)

 

カロリーを気にするならば、4等分にして4日かけて食べるとカロリーは控えめ……じゃないな!1396÷4=349だったから、お茶碗一杯分の米と同じカロリーだわ汗

 

紅茶バウム 開封

開封すると、紅茶の茶葉の香りがすっごいする。

これだけ嗅いでいたいぐらいイイ香り。

一口ほおばると、口の中にアッサムの香りが広がって紅茶好きにはイイ…。

 

が、このバウム・クーヘン、水分奪う系でした汗

 

原材料でも油の使用率が高いんだけど、それは袋から取り出した時にも判ります。

袋の内面、ギラギラしてる。

adoさんのギラギラ部分だけを連呼したい気分になる。

 

食べる際は、フォークとかでぶっ刺して食べる事をオススメします。

 

 

紅茶バウム、不味い?美味しい?

巷では無印良品のバウムは不味いっていう声が出ているんだけど、

いい?そもそも、洋菓子専門店でバウム・クーヘンに特化してるブランドと比較しちゃダメだからね?

 

なぜって、無印良品さんは、色々なお菓子や雑貨、家電や文房具まで取り扱っているお店で、お菓子は数ある中の一つに過ぎないんだからね。

特化している専門店と比較しちゃダメ。

 

金額も違うわけだしね。

 

ぱんだが好きなバウム・クーヘンの店だと、こんな感じだから(特徴はカロリーが半分以下)

紅茶バウムは、1つ790円(税込み)とコスパはイイ。

 

ノートや化粧品、グリーンカレーのレトルトパックを購入しつつ甘いものも食べたいな、って思った時や、会社の休憩時間にちょこっと食べて糖分補給するのに便利がウリだから、こういうもんだと思って食べるぐらいが丁度いい。

 

で、不味いかどうかって?

 

普通。

可もなく不可もなく。

 

リピートしちゃうほどか?と言われると、大味なので1回のみでいいかな。

紅茶バウムといえども、いかんせん量があるから、ずっと同じ味で水分が奪われるのを食べていると、質より量の戦いになってきちゃう。

 

だから、4等分にして食べるぐらいが丁度いい。

 

アレンジとして、さらにカロリー継ぎ足しになっちゃうんだけど、チョコレートをかけて食べると味変になっていいかも。あとはレモン系のドライフルーツと一緒に食べるとか、ブラックコーヒーのお供にして、甘さをすっきりさせてみたり。

 

紅茶好き+バウムクーヘンときたら、無印良品の紅茶バウムを食べてみた まとめ

不揃いバウムが大好き!という人に、大き目のギフトボックスとして贈り物には喜ばれるんじゃないかな。

 

ただし、洋菓子ごとに、推しのお店がある人にこのギフトボックスはちょっと様子見にして、先に不揃いバウムを食べた事があるのか、美味しかったかどうかを聞いてみた方がいいと思う。

 

逆に洋菓子やお菓子の舌が肥えた人や、高級店のスイーツ、お菓子最高!っていう人にはお勧めしません。

口の中の水分を奪われて、しっとりタイプではないため

 

アレンジする際はカロリー壊滅的なので、諦めましょう^^

 

ということで、無印良品のオンラインショップはこちら>>紅茶バウム

不揃いバウムが食べたくなってきた、というあなたにはこちら>>不揃いバウム

 

いつも最後までお読み頂きありがとうございます。

ブックマークに入れておくと、次回から検索かけずに済むのでオススメです。