ぱんだの徒然日記

無二ぱんだが料理やスマホ、スイーツ、感じた事を紹介する雑記ブログ

《両親に関して》父、働いている

スポンサーリンク

 

父は定年を過ぎ今63歳、店をまだ続けています
辞めて欲しいと家族は願って口をすっぱくして云っているのですが
父は辞めるつもりはないようです
店もテナントなので、家賃やら光熱費やら色々出費があるというのに

定期診断はもうずーーーっと
手術をしてくれた先生に頭を見せに通っています
死ぬまで、これは続く・・・

今日は定期診断日
血圧が上がり始めてて、血圧を下げる薬を処方されたようです
これから、少しの間ずっと飲む事になったのですが、父は納得がいかず
「だって俺なんともないんだよ、血圧上がったっていっても体なんともないんだよ」
クモ膜下出血で頭から線が何本も刺さっている状態でも
似たような事を病院で云ってたっけ・・・

病院の先生の事を、若いヤツ、といい
「あの若いヤツに云われたけど、飲まなくてもいいと思うんだよ」

高血圧から、倒れる確率が高くなる
通常(上ね)120位あればいいところを父は140超えていた


次倒れたら命の保障はない
カウントダウンに一歩足を踏み入れたみたいです