ぱんだの徒然日記

無二ぱんだが料理やスマホ、スイーツ、感じた事を紹介する雑記ブログ

初心者がヘッドセットを購入するときに気を付けたいキーワードはコレ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

先日、6年ほど使っていたヘッドセットがとうとう壊れてしまった。

次新しいのを購入するとき、同じのを買う人も中にはいるかもしれないが、ほとんどの人はより良いものを見聞きして買いたいと思うのが心情ではないでしょうか。

 

ぱんだが今まで使っていたヘッドセットはサンワサプライのヘッドセット。見た目はコールセンターで使っていそうなタイプ。こいつで5代目でした。

 

ヘッドフォンと違いヘッドセットはマイク付きなのでマイクの性能プラス音を拾う吸音性が優れているか?に着目されがちですが、家族構成によってそれはデメリットにしかならない場合もあるので注意が必要です。

 

といいますのは、相方がゲーミングヘッドセットを使っていて、うんざりしている経験があり自分も体験してみようとぱんだも似たような性質のものを購入し使って見たら、これは使いどころを決めないとダメだ、とため息しか出なかった経験に基づいてる。

 

お子様のゲーム用に、旦那さまの会議用に、奥様の副業用に、独身で使うときのヘッドセットを購入するときに、ここは注意した方が良いキーワードを紹介しますので購入するときのご参考にどうぞ。

 

初心者がヘッドセットを購入するときに気を付けたいキーワード

まず、相方が使っているヘッドセットを見てくれ。

そちらを見て貰いながら話す方が分かり易いから。

相方が使っているゲーミングヘッドセットはこれ>>>>Logicool G ロジクール G ゲーミングヘッドセット G633s

 

商品の説明文も長いが、注目すべきキーワードはこれ

ノイズキャンセリング

そのままなのだが、ノイズ(雑音)をキャンセル(防ぐ)というもの。

このノイズは何を指すかというと、ヘッドセットを付けた時の空間に発生するあらゆる生活音を指す。

 

具体的には、人の話し声、洗濯機の音、食器を洗ったりの水の音、フライパンを使ったり鍋で何かを沸かしたりした時の音、電子レンジのチンの音、宅配がきた時のチャイム音、または音声など、生活する上で何かしら発生する全ての音を無にしてしまう機能である。

 

ヘッドセットの説明の中に、

7.1サラウンド サウンド搭載で精密な定位性を実現する⽴体⾳響により、背後から忍び寄る敵の⾜⾳も聞き逃しません。映画館のような没入感で極上のオーディオ体験をご堪能ください。引用元:AmazonLogicool G ストア

 

映画内の背後から忍び寄る敵の足音は聞き逃さないのに現実世界で忍び寄る家族の足音は聞き逃す仕様なのだ。

 

立体音響凄まじい映画館に「一人で」堪能している状態ともいえる。

 

一緒に生活をしている者から言わせると、横で話しかけても聞こえない、反応無い、当然隣の部屋から声を掛けても聞こえていない状態になる。

 

ですので、個別に部屋がある、または一人暮らし、部屋にはすでに防音設備が整っているあなたには、ノイズキャンセル、没入感があるヘッドセットはオススメしますが、家族で暮らしていたり子育て中、リビングでヘッドセットを使う用途にはオススメ出来ない。

 

なぜなら、会議が終わりすぐにヘッドセットを外すなら良いがそのまま音楽を聴いたりしてる時に相手から話しかけられても、当人は無音に感じるため、無視されたと感じて口論や喧嘩に発展しかねないから。

 

ちなみにぱんだが購入したヘッドセットはこちら>>>Amazonベーシック ゲーミングヘッドセット

相方のヘッドセットよりは価格はお安め。

 

Amazonベーシックゲーミングヘッドセットのレビュー

こちらは相方のとは異なり、ノイズキャンセルや没入感といった説明がありませんがこちらはヘッドセットを付けただけなら、TVの音声も人の話声も聞こえます。

 

が、音楽をかけたりゲームをプレイし始めた途端、外部の話し声や宅配がきたチャイム音、鍋でお湯が沸騰しだした音、電子レンジのチンの音、全ての音がすごく小さく聞こえました。

 

耳元で小声で話しかけられているような感じ

 

またヘッドセットをつけた状態で声を発すると、籠った感じ(車内で発している感覚)に陥り相手には声は通常の声として聞こえているのか?不安になる感じになったので、この状態からもう少し大きな声で話した方が良いかな?と声量を出すと、ヘッドセットを付けていない人からすると、大きな声で話して近所迷惑になるかもしれません。

 

一戸建てで近隣住民を一切気にしない方には向いているといえます。

壁が薄いアパート向けではないですね。マイクを使わないなら、問題ありませんが。

 

初心者がヘッドセットを購入するときに気を付けたいキーワードはコレ!まとめ

 

「ノイズキャンセル」「没入感」の記載があるヘッドセットを購入する際は外部の音を一切遮断することがある、と覚えておいて下さいませ。

一緒に生活する人にも、一声説明しておくと口論や喧嘩になることは防げると思います。事前に説明していないと、無視されたと思われかねません。

 

一番分かり易いのは、Eースポーツの大会を放送している番組を動画やテレビで見てみるのが早いかもしれません。

画面に向かいつつ結構な声量で話していると思いますので、それが部屋の中で起こるとイメージされると分かり易いと思います。

 

またテレビ東京では日曜日の22時から『有吉ぃぃeeeee!~そうだ!今からお前んチでゲームしない?』という有吉さんと出演者の人達でいろいろなゲームのオンライン対戦ゲームをする模様を放送する番組があり、みなさんヘッドセットとノートパソコンや家庭用ゲーム機でプレイされているので、自分がヘッドセットを装着しゲームをプレイしている時の声量がこのぐらい出ていると第三者目線で確認することができますので、よろしければ見てみてね。

ぱんだと相方はよく見ています。

 

それでは。

 

いつも最後まで読んでくださりありがとうございました。

読者登録、広告クリックありがとうございます。励みになっています。

 

【追記】

購入された方がいました。

ヘッドセットで口論や喧嘩になりませんように。