ぱんだの徒然日記

無二ぱんだが料理やスマホ、スイーツ、感じた事を紹介する雑記ブログ

両親の病気

膠原病について

こんにちは。ぱんだです。 さて、今日は母の持病ともなっている膠原病(こうげんびょう)に関して説明しようと思います。 膠原病とは 膠原病とは 一見すると聞き慣れない言葉だと思います。 高山病ではないですよ。膠原病は色々な病気の総称になります。母が膠…

《両親に関して》堪える

母への取り組みをどうしようかと日々考えています。実家に帰省した際に受け取った祖母の遺品の宝石類を買い取りに出し 少しでも今後の費用に充てようと動き出してみたり。 生前整理用に、色々とネットで情報を漁ってみたり。 認知症に効果がある食べ物や飲み…

《両親に関して》認知症の疑い

最近日常から離れた記事を書いていましたが、新たな出来事が出来たのでそれを綴りたいと思う。ずっと認知症だった祖母が2年前の8月に亡くなり、数日前に3回忌で実家に帰省していました。 この時、父は73歳、母は69歳。このブログでは過去祖母の認知症…

《両親に関して》40年余りの経営に幕を閉じる

たまには父の話を。 父が今働いているお店は、テナントになり、今月末で閉店になります。建物自体老朽化が進み、一時期リニューアルオープンも考えたそうですが、それで持ち直す見込みが立たず 2019年9月30日で38年経営に幕を閉じる事になりました。 場所…

《両親に関して》父、働いている

父は定年を過ぎ今63歳、店をまだ続けています辞めて欲しいと家族は願って口をすっぱくして云っているのですが父は辞めるつもりはないようです店もテナントなので、家賃やら光熱費やら色々出費があるというのに定期診断はもうずーーーっと手術をしてくれた…

[《両親に関して》国民健康保険限度額適用認定証

12月に市役所から医療費で掛かった金額が提示されてきた平成18年度から高額医療費制度が変わり、月始めに保険証を提示する際に市役所で作った国民健康保険限度額適用認定証を一緒に提示すると計算された金額のみが、入院&手術費として請求が来る、とい…

《両親に関して》父の誕生日

26日は父の誕生日でした61歳毎年、クリスマスは赤飯なのですが今年はドタバタしていた為ケーキのみ父の脳の方は医者からも大丈夫と言われており切れる事は今の所安心出来そうです父自身はなんともないと話していますがぱんだやぱんだ母は脳をいじくって…

《両親に関して》皮膚病

父のその後頭をかっ開き髪の毛を坊主に刈っていたのですがだいぶ髪の毛も生えて黒くなってきましたが、年齢もあるのか・・・はたまた頭皮に異常があるのか不明ですが頭皮が皮膚病に掛かりました凄まじいフケが枕についており、風疹が頭に出来ているとの事土…

《両親に関して》明日退院

父の退院日が明日になりました余計な看護士のおかげで、病院に居たくない!家に帰らせろ!と唸る父何日頃に、何時に迎えに来るのを待っているから、と家に電話をかけてくる父これ以上病院に迷惑をかける事も出来ず麻痺等の症状は出ていない為、1ヶ月で病院…

《両親に関して》軽い言葉は慰めにならない

さてさて父の面会へ行ってきた時の事病院には看護士さんと準看護士さん、それに介護士さんがいらっしゃいます病院内ではそれぞれ見分けがつくような制服を着ています看護士に比べて準看護士さんは、患者さんにいい事も悪い事もしゃべってしまう方がたまにい…

《両親に関して》片頭痛

父の病気から脳に関する話を聞く機会が増えてきました脳に関わる疑問など、医師と話をする事も増えていますそこで知った話を一つ片頭痛を持っている人は脳卒中、クモ膜下出血など血管が破裂する恐れを持っている、という事十分に注意が必要なんだと医師から…

《両親に関して》父、入院15日目

点滴類はすべて外れ、体の麻痺がどこにも起こる事なく着々とリハビリに進んでいこうとしています医師からの説明では、奇跡に近いとの事ただ・・・脳をやられるすべての方に言える事なのだが記憶が倒れた日を境に前後丸まる記憶が飛んでしまうようです父も例…

《両親に関して》父、入院11日目

普通の食事が出されている面会時間も一般病棟と同じ物になったが、意識はまだはっきりしていない意識がはっきりしていないのに病院側は早くも退院させようとしている1週間点滴が続き、急に食事が出されるようになったが普通のご飯である脳がダメなだけで胃…

《両親に関して》父、入院10日目

今日は保険についてのお話生命保険へ加入する際「三大疾病はいつ何時あるか判らないから、加入しておいた方がいい」営業さんがよく話していますよね三大疾病とは、じゃあ何か大きな病気3つの事をあげているんだろうなって事ぐらいはここから判ると思います…

《両親に関して》父、入院9日目

元々夜型だった父病室でも夜になると暴れ、昼間は寝ているそう・・・暴れているといっても無意識に体中にくっ付いている管が邪魔なようで取り外そうとする点滴やら頭の管やら尿管やら今自分が寝ている場所が病院だという意識がないここはどこですか?看護士…

《両親に関して》父、入院8日目

父はベッドから上半身起き上がりご飯を食べれるようになってきている但し、まだ自分が病院に居るという感覚はない普段家にいた時と同じような座り方をし看護士にタバコを要求両腕は点滴つけて、頭は包帯巻いて、鼻に人口酸素呼吸器つけながら・・・そして夢…

《両親に関して》父、入院6日目

今日は家に税理士さんを招き父の経営関係の書類及びパートさん達の給料の支払い手順明細の書き方など諸々の相談をした親身になって助けてくれている税理士さんに感謝である母は相変わらず寝る時部屋の電気はつけて寝ている父が倒れてから、つけて寝ないと不…

《両親に関して》父、入院5日目

入院5日目昨日の夜、母と一緒に父の面会へ行った時の事を話していたとき日増しに母の表情が暗くなっているのに気が付いた意識は戻らずとも足や手を動かしていたり聞いているのか判らないが頷いたりして日々何かしら変化は出てきているというのにICUに入…

《両親に関して》父、ICU4日目・・・のはずが

昨日と同じようにICUに向かうが、すでに脳神経外科の病棟へ移されていた意識戻ったの?なんか状態良くなったの?今日は母の仕事が休みだった為母にすれば、倒れた直後初めての面会脳神経外科の病棟へ向かうがやはり普通の病棟の面会時間とは異なり病室へ…

《両親に関して》父、ICU3日目

父が運びこばれ、ICUに入って3日目 通常の面会と違い集中治療室になる為、面会出来る時間はとても短い午後15時~16時午後18時~20時平日、土日祝すべてこの時間帯のみが面会時間 体中に管やら器具が取り付けられていたが今日面会へ行って見ると…

《両親に関して》父、ICU2日目。手術が成功しても喜べない理由

ICT2日目泣いてなんかいられません気丈に振舞っている母がげっそりと体重が落ち今日は自分の仕事場へ向かいました 弟といえば、父の変わりに税理士と相談しつつ店長をしています決算報告やらパートさんへの給料支払いが残っている為・・・仕事場に立ち、…

《両親に関して》父、倒れる

*この記事は、2007年9月に書いた記事になります 両親、または友人、まさか自分いつ何時起きるか判らない、まさに突発的な病気たまたま身内で起きたので、これを今後の為に記しておく今朝、父が意識不明で胃液を吐いて倒れた救急車で運ばれ、集中治療室にて…

老人ホームに掛かる費用

色々調べて、色々な部分にお金が掛かることが判りました。 でも一番掛かるお金……それは老人ホームへ入れるお金でした。 国民年金で貰える満額は月7.7万 厚生年金で貰える満額は月14万。 家のローンが終わる年齢と年金が受け取れるようになる年齢を計算…