ぱんだの徒然日記

無二ぱんだが料理やスマホ、スイーツ、感じた事を紹介する雑記ブログ

星よみ協会がタロット占い協会の有料講座をプッシュアップしてきたようです

スポンサーリンク

スポンサーリンク

少し前に星よみ講座という3か月の無料メルマガに登録したことがあるんです。

 

星よみ講座という言葉を検索かけると、

凄くいいものでした!素晴らしいです!のオンパレード。正直、気味が悪い。

 

なんでなんだろう?どうせ無料だ、受けてみよう!と思い立ち、受けてみたんですよ。

 

そしたらメルマガ3か月→有料コースへの案内→ZOOMでライブを何度か行い→育成枠を設ける→1か月体験学習→本スタート、オンライン学校という名の自宅学習プランがスタートする、というシナリオでした。

 

このやり方は、星よみの他にタロット占い協会も同じ形式を取っています。

 

んでね、一連の流れとその詳細を事細かに記事にして、暴露本じゃないけどこういう記事があってもいいんじゃないかと思って書いたんですよ。

 

あ、「星よみを受けて見ました」というのと星よみの無料講座はこちら、という案内が出ている記事は、メルマガで動画を見ているとこういう紹介記事を書いてくれると、特別に動画が見れるからね~!という案内が出てくるので、それに申し込みをしたブロガーさん達が記事を書いています。

 

星よみのメルマガは配信停止することもできますが、そのまま継続しているとタロット占い協会の配信がスタートする仕組み。タロット配信が終わったら次の有料講座を案内するための3か月無料メルマガが来るんじゃないかな、と予測。

 

タロット占い協会のも育成枠が設けられていたので、多分1か月の体験学習期間があって、その後退会できると思う。

 

星よみ有料講座を30日体験した内容の記事はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

www.pandablog.xyz

 

多分ホームページの作りはワードプレスで作られていて、右側に講座のタイトル、それをクリックすると詳細なタイトルが表示される感じになっているんじゃないかな(ちょっと忘れてしまった部分もある)

 

有料講座を受けた人で成功して今こういう活動をしています!という人が実際にいるなら、その段取りを記事にあげている人は多いと思うんですよ。

講師は別ね。

生徒さんはブロガーさん達が多いのでね。

 

でもそこいらの記事をあげているブロガーさん達は一切その後の記事を見かけない。

なぜか?

騙されたとか失敗したとか、思ってたのと違ったものに大金を払ってしまった悔しさからあえて記事にしないで闇に葬り去ろうとしている人が多いんじゃないかな~って思ってしまった。

 

企業のPR案件とかさだとさ、ネガティブな言葉ばかりいうよりもポジティブな言葉で表現した方が嬉しかったりするわけよ。だから素晴らしいとか凄い、良かった、とか、胡散臭いそれ本当にそうなの??と疑わずにはいられない言葉が連投された記事が大量に出回るはめになる。

 

でもそれが読む人に響くかどうかは別問題。

 

だって怪しむ人が一人もいなくて、素晴らしいと崇め奉ったらそれもう宗教なのよ。

NOとは言わせない雰囲気が出てたり、疑う余地が無いぐらい洗脳されて考えることをやめてしまっているかのどちらかなのよ。

 

星よみ協会、タロット占い協会では、無料で3か月という期間を使って受けている人達の潜在意識の内面を洗脳させていき、ZOOMで意識の変化を確認、高い有料講座を案内される手法を使ってきているの。

 

プロの心理集団というけれど、どちらかといえば悪用した心理ビジネス。

 

受ける人はよーーく考えた上で有料講座に臨んでね。

 

それを3年半受けたとしても、履歴に乗るような資格は取得できないし、なんなら3年半受けつつ自分でHPを立ち上げて日々の講座で学習した内容を記事に挙げていく、もしくはTwitterやブログで練習相手を募集して行うのを連動してやる勢いにしないと、3年半は頭に知識だけ叩き込んで、実際の現場では動けない人が出来上がっちゃうからね!

 

36万の元を取らなきゃって思う思考であるなら、誰かの下に弟子入りみたいな形でマンツーマンで教えて貰うとか、実際にタロットを購入して友人達に占いまくるぐらい練習をしたらいいわけで、あえて36万払う必要性は全く無いからね。

 

タロットを購入するとカードの意味が書いてある説明書は付いてくるし。

タロットそのものを学ぶ事と、自己肯定感が低くて一歩行動に移せない自分をなんとかしよう、という気持ちは別の問題だから、それを有料講座で何とかしてもらおうっつったって無理だと思うよ。

 

だって有料だろうが無料だろうが自覚して実行に移したい気持ちがあるなら、今の今まで行動に移せてない訳はないんだから。

自分の中で、子供が小さいから……お金が無いから……私にはやる資格は無いから……何かしら行動に移したくない理由を探し出して言い訳をしているだけで、誰にでも自分がやりたいことをしても良い権利は持っているんだよ。

 

出来ない、なんて、それはあたながあなた自身を縛ってる鎖でしかない。

誰かにやるな、やっちゃだめだって言われた?怒られたなら、どうしてダメなのか、理由をきちんと聞いて、あなた自身が納得しない限りは好きにしたらいい。

 

本を読んだりYouTubeで無料で学んだり、「行動心理学」「経営論」「消費心理テクニック」「ハロー効果」「カクテルパーティー効果」「バーナム効果」「ラベリング効果」「コーチング」これらの言葉を検索してみて下さい。

 

あーー!!って思う事象が出てくると思いますので。

 

最後に。

学校という名で動画を見た感想を述べると、誰かしら運営の人がそこに返事をしてくれ一人でない、誰かしらがそこにいる、という体験を通して学ぶことができる環境、またZOOMを使って対面式のように装いつつ大勢の人が参加している様子は「催眠商法」のネット版のように思えて仕方ありません。

 

どうか、本当にそのお金を払うだけの価値があるのかどうか。

お金では買えない、あなたには何もスキルが無い人ではない、五体満足で今生きていけているスキルが備わっている、ということを知っておいて欲しい。