ぱんだの徒然日記

無二ぱんだが料理やスマホ、スイーツ、感じた事を紹介する雑記ブログ

不二家LOOK一粒の贅沢を食べてみたけどお酒が使われていたので、原材料の酒精飲料について聞いてみた

スポンサーリンク

スポンサーリンク

秋から冬になると無性にチョコレートが食べたくなるのはなんででしょうかね。

LOOKは小さい頃からお世話になっているチョコートで、

黄色いパッケージに、バナナ、イチゴ、アーモンド、パイナップルの画像が表示された箱に入っているのが定番ですよね。

 

カカオ60%などのチョコレートが出た際には、27%、40%、56%、70%のカカオが入った4種類のチョコート本来の味が楽しめるタイプも登場しました。

カカオの含有量の違いでこんなにも味が変わるもんなんだなー

 

さて、ネットスーパーで見かけた「LOOK」シリーズに新しい商品が出てきたので購入してみました。

通常のLOOKは一口サイズで4種類の味が楽しめる形となっていますが、こちらは個包装で7粒入りと高級感があります。

 

どんな感じなのかな~?

パッケージだけ見ても良く判らないあなたのために、食べた感想と原材料に酒精の記載がありましたのでそちらの解説もしていこうと思います。

是非ご参考にして下さいませ。

 

不二家LOOK一粒の贅沢 福岡県産あまおう苺使用

f:id:panda7853:20210916150826j:plain

不二家LOOK 一粒の贅沢 福岡県産あまおう苺

 

高級感のあるデザインになっています。

こういうイチゴが散りばめられた1ホールのケーキが実際にありそうなレベルですよね。

中央部分に主役のチョコレートを置き、チョコレートの形を宝石にしている演出も素敵。

 

箱をあけ、中身はどうなっているかといいますと、

f:id:panda7853:20210916150752j:plain

 

1粒を半分に割ってみました。

中央部分に見える赤く大きいのは、あまおう苺を使ったゼリー、その周りの赤いのは、あまおう苺のソース、白い部分は、苺が香るホイップになっているそうです。

 

食べてみて感じるのは、ゼリーとソースの主張がはっきり来ること。

チョコレート部分は馴染みのあるLOOKさんのミルクチョコなので甘め。

あまおう苺のゼリー、ちょっとグミっぽいのとソースは酸味を感じるため甘みと酸味のバランスが丁度いい感じでした。

 

ただ、一点。

ぱんだはお酒が弱くてアルコールの感知能力が高め。香りに使われたお酒でも、場合によっては喉がカッカッしちゃうほど弱いんですね。

 

食べてみて感じたんです。

あ、これお酒使ってるな、って。

ふとパッケージの原材料部分を見ますと、

f:id:panda7853:20210916152649j:plain

パッケージ原材料表示部分

 

「酒精飲料」の文字が。

保存料の代わりに使用している?

ちょっと気になりました。

 

だってあまおう苺を使ってるのなら、あえてお酒使う必要ないですよね。

苺のリキュールとかはカクテルを作る際にありますけど、まさかソースにリキュール使ってる?

アルコール苦手なぱんだにとっちゃ、使わないにこしたことはないですからね。

 

余談①食べてみたけど、お酒なんて分からなかったよー。どの位のアルコールが含まれてると感知するの?とこれを読んだあなたは気になるよね?

銀座コージコーナーで売られているガトーショコラを食べるとぱんだは喉が熱くなりケーキ単体で食べることはしんどいレベルです。全く気にならない、感じたことがないなら、こちらのお菓子もお酒を感じることなく食べられると思われます。

 

ということで、パッケージに記載されているお菓子に「酒精」が書かれていた場合、アルコール度数はどの程度のものになるのか調べてみました。

 

そもそもチョコレート菓子に含まれる酒精とは

全国の消費生活センターには、アルコール入りと気づかず菓子類(アイスクリーム、ケーキ、ゼリー、チョコレート、プリン、和菓子など)を食べてしまった、という事例が寄せられています。

食品の中にどのくらいの量のアルコールが使われているかについては、原材料名表示欄の記載の順番が参考になります。食品表示法では、使用した重量の多い順に、原材料の名称が表示することが義務づけられています。すなわち、表示欄記載の順番が終わりに近い方が、使用量はより少ないことになります。

食品の原材料名表示を確認するときのポイントは 「酒」の文字です。アルコール成分を含む原材料名には、「洋酒」「酒精」「粉末酒」など「酒」の文字が使われていることが多いです。

「酒精」とは、エチルアルコール(お酒に含まれるアルコール成分)のことです。

「粉末酒」は、お酒を加工して水分を取り除き、香とアルコール分を粉末化したもので、形状は粉末でも、成分はお酒です。そのため飲料のお酒と同様、一定量を摂取すれば酒酔い状態となります。近年、加工のしやすさから、さまざまな食品に粉末酒が使われるようになってきています。

引用元:国民生活センター

 

この食品表示法での使用した重量の多い順の話は、グミに使用されている添加物のところでも解説していますので、気になる方はどうぞ。

 

www.pandablog.xyz

 

国民生活センターの記載を読むと、義務付けられている。

でもアルコール度数がどの位なのかの記載はここでは出てこず、また調べてるお菓子の記載は酒精飲料なので、これは該当しないことが判ります。

 

次に、国税庁のよくある質問の回答を引用してみました。

Q3 アルコールを含有するチョコレート、飴等の菓子類やアイスクリーム類は酒類に該当しますか。

 

A 酒税法上の酒類とは、「アルコール分1度以上の飲料」とされておりますので、現在の市場において流通しているアルコールを含有するチョコレート、飴等の菓子類は、一般的には「飲料」とは考えられないため「酒類」に該当しません。

 

一方、アルコールを含有するアイスクリーム類は、融解又は溶解により液状となり、「飲用」することが可能と考えられます。

 

しかし、アルコールを含有するアイスクリーム類が融解等し、アルコール分が1度以上の液体となっても、一般に飲用に供されるものではないと認知され、実態としても、通常飲料として供されるものとは認められず、かつ、製品の形状を維持することを目的とした製造行為が行われるもの又は食品添加物等が使用されるようなものは、強いて酒類には該当しないものとして取り扱います。

根拠法令等:
酒税法第2条第1項

引用元:国税庁

 

この文章を読むと、お菓子はあくまでもお菓子であって飲み物ではないから、酒類の飲料という項目には該当しませんよ、と読み取れます。

またアルコール度数が1%以上であっても、お酒そのものを飲む訳ではないから表示しなくてもいいことになっている、と。

 

しかしこのルールのために、間違えて食べてしまった例が増えているから食品表示法で義務付けることにしたんだよー、ということが分かりました。

 

これらから判ることは、この「酒精飲料」は1度ではないアルコールであり、何に使われているのかな?

新たな疑問が生まれてきました。

ここいらからもうお菓子そっちのけで深堀りする形になりますので興味がある方だけ読み進めて下さいませ。

なんかもう長くなりそうなので(´・ω・`)

 

余談②

アルコール度数1%とは、コンビニやスーパーで売られている「微アルコール飲料」

「ノンアルコール」の表示がついて売られている飲料水を指しています。

アルコール度数0%のものは「アルコールフリー」です。

1%といえど1本1%換算で計算したらわかりやすいですが大量に飲むと酔いますのでご注意を。

 

不二家LOOKの原材料に記載されている「酒精飲料」とは何か

ちょっとおさらいです。

上記の国民生活センターの例をあげると様々な加工品に「洋酒」「酒精」「粉末酒」という記載で使用が増えてきたとありましたよね。

次に、国税庁の文面から見ると「酒類」色々な種類のお酒にアルコール度数1%か、未満であれば酒類に該当はしない。だって飲料じゃないから。

 

うん、ここまでは理解できる。

 

でもさ、このお菓子の原材料には「酒精飲料」飲料って文字が入ってるんだよね。

どゆことなのーー。

これを読んでいるあなたも知りたいよね?

ということで、不二家さんに電話して聞いてみることにしました。

 

 

電話で確認する質問は2点。

  1. 「酒精飲料」はなんのお酒を使用しているのか?
  2. 「酒精飲料」はどこの部分に使用されているのか?

 

箱の裏と不二家さんの公式HPの一番下には、お問合せ先の電話番号が記載されていたので、そこから問い合わせ。

サポートセンターに電話でお答えいただいた担当の方はオオサキさんという女性のお方。

2点の質問を投げかけたところ、連休前もあり数日間かけて丁寧に詳しく答えて下さりました。ありがとうございます*:.。☆..。.(´∀`人)

 

というわけで回答です。

1の回答はキルシュヴァッサー、という蒸留酒の一種を使用している。

2の回答はあまおう苺のソース部分に苺の風味を出すために香りづけで使用しているんですって。

 

お酒の種類には詳しくないぱんだ。キルシュヴァッサーって初めて聞いた(´・ω・`)

結局アルコール度数は強いの?弱いの?

判らなかったので調べてみました。

 

キルシュヴァッサーとは

サクランボを原材料に種まですり潰して発酵させて寝かせて作られたお酒でスピリッツと呼ばれる種類になるんだとか。

アルコール度数は40度とお高め。

 

有名なところでは、NHKのテレビ番組グレーテルのかまどで紹介された「黒い森のさくらんぼケーキ」

この番組内では、さくらんぼの蒸留酒として紹介されています。

レシピが知りたい方はこちら>>NHK公式HP黒い森のさくらんぼケーキレシピ

 

ココア生地のスポンジ土台にたっぷりとかけてあるので、これはぱんだには食べられないレベル。

 

一粒の贅沢 あまおう苺を使用したLOOKチョコレートは1箱7粒。

美味しいからといって1箱以上食べたら、お酒に弱い人なら酔うんじゃないかな~。

名前から受ける印象が大人向けだと判るけど、これは小さいお子様は食べちゃダメかも。香りづけに使用されたケーキやパンでも、ぱんだのように敏感な人はいるからね!

 

ということで、色々長々と掘り下げてみましたがいかがでしたでしょうか。

では、まとめです。

 

不二家LOOK一粒の贅沢を食べてみたけどお酒が使われていたので、原材料の酒精表示について聞いてみた まとめ

LOOK一粒の贅沢 福島県産あまおう苺を使用したこちらの商品は9月7日から出たばかりの新商品となっています。

 

パッケージのデザインから高級感と可愛さが引き立っていますが、使用されている酒精飲料はさくらんぼを使った蒸留酒でアルコール度数40%のスピリッツという事が判明しましたので、何かに頑張ったご褒美やLOOKの新商品にはすぐに飛びついちゃう!

そんなあなたはもう一種類の一粒の贅沢 熊本県産和平栗を使用したLOOKも一緒に買ってみて下さいね。

 

パッケージが可愛くてあまおう苺が使われていて、それだけでこれは絶対に美味しいやつだ!と飛びついてしまいましたが、一口食べて美味しい!!……おぅお酒入ってるやん_:(´ཀ`」∠):_

ぱんだのようにお酒や香りづけのアルコールが苦手な方は食べる際にご注意を。

 

では。

いつも最後までお読み頂きありがとうございます^^

ご購入の際の参考になれば幸いです。