ぱんだの徒然日記

無二ぱんだが料理やスマホ、スイーツ、感じた事を紹介する雑記ブログ

相方との会話【買い物2時間編】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

昨日は約半年ほどぐらいに、相方と二人で買い物へ出かけました。

特別な用事以外はなるべく引篭もり外に出ないんですけどね。

こんにちは、無二ぱんだです。

 

さて今日はですね、行きはよいよい帰りは怖いというわらべ歌のようなテンションの違いのぱんだを見て欲しくなり今これを打っています。

 

たった2時間あまりの外出、また近所のスーパーへ行っただけなのですが、相方とぱんだのデートの模様を今回もまた会話形式でお届けしますので、テンションハイとローをお楽しみに下さいませ。

 

*シリーズ化していますが、今回が初めてという方のためにご説明をしますと

相方と会話のみの記事です。吹き出しが出る訳でもなく、括弧と文字のみ。

ぱんだは「ぱ」、相方は「相」と略しています。

文字だけですので、途中で差し込まれる広告で適度に休憩して下さいませ。

 

目的地まで徒歩12分

ぱ「いやぁ、久しぶりに外に出ると太陽の光が眩しいねー」

相「あなた外でなさすぎよ。もう少し出てもいいんやで」

ぱ「いや、それはそれ、これはこれ。あ、あそこ以前相方が話してたところだね」

相「うん?そうそう。あ、でも今日はまだ多い方だな」

ぱ「そうなん?ガラガラだけども」

相「うんうん。多いよ」

ぱ「ふーん」

 

相「どっちの道から行く?」

ぱ「こっち!」

相「はいよ」

ぱ「どこの戸建ても1台は車があるけど、この辺りは一家に1台以上の車は必要なのかなぁ」

相「どーだろうね」

ぱ「ああ、でも夫婦で1台、祖父祖母で1台としたら1台以上に数えられるから必要な場合もあるかー」

相「二世帯住宅になると駐車場は2台以上は必要にはなるだろうけど、どこを見ても1台しか置けない土地になってるからもう1台を置くとしたら月極の駐車場になるんじゃない?」

ぱ「あぁ、まぁ、そうか。ここいらはアパートでもマンションでも敷地内に駐車場があるからみんな車置いてるしねえ」

相「そだね」

ぱ「あぁ、こっちの駐車場は車たくさん置いてあるなー」

相「だってこっちの駐車場はさっきのガラガラより古くからあるからね」

ぱ「認知度が違うかー」

相「そりゃそうでしょう」

ぱ「認知度とより駅やスーパーに近いところに止めたい心理とかもあったりするのかもしれないもんねぇ」

相「まぁね」

 

相「あ、おばあちゃんはエレベーターだっけ」

ぱ「うん、階段嫌い。ふーーーー」

相「顔が死んでますよ?」

ぱ「いや、まだ来たばっかだから!」

 

 

目的地到着

相「最初はどこいくんだっけ」

ぱ「セリア。ちょっとリメイクシートが見たいの。あとスマホを置く三脚」

相「それってセリアにあるの?」

ぱ「ダイソーにはあったから、セリアにも置いてあるんじゃないかと」

相「いや、そこは調べて置いた方が良かったんじゃ……スマホコーナーかな。こっちみたいだよ」

ぱ「ほい。うーーーーーーーーーん、無いな」

相「少し歩けばダイソーとかも行けるけど、どうする?」

ぱ「いや、特別必要かといえばそうじゃないし。無いなら無いで別にいいよ。商品撮影する時に手で持つとプルプルして辛いってだけ。商品とスマホの距離を一定にしたかったんだけど、無いならまぁ仕方ない」

ぱ「あ、このケース欲しかったんだー。サイズなんだっけな」

相「おいおい」

ぱ「あっ、多分これだ。これで良かったはず」

相「ん」

 

店内から籠を持ってきて、ぱんだの欲しいケースを受け取り籠に入れる相方。

 

相「あとは?」

ぱ「リメイクシートを……。黒い大理石っぽい柄であればなんでもいいんだけど、三面鏡みたいな感じのが欲しいんだよね」

相「じゃぁ、こっちじゃない?」

ぱ「ほい」

 

ぱ「うーん……やっぱりダイソーの方がまだあるなぁ」

相「種類が少ないの?」

ぱ「うん。まぁセリアさんは100円均一を貫いてるから種類豊富という訳にはいかないんだと思う。ダイソーはもう100円じゃないしね。あそこは競合社を雑貨屋に置いてないから」

相「そうなのか……。で、他には?」

ぱ「うーん、あ、コロコロの替えと洗面所のコップの下に置く珪藻土のコースター、あとペットボトルに付けるシャワーになるやつを買わないと」

相「はい」

ぱ「うん、これでいいかな」

相「OK?もう欲しいものは無い?」

ぱ「うん、大丈夫」

相「じゃあ会計並ぶからあなたは離れてなさい」

ぱ「ほい」

 

相「次は?」

ぱ「次はお昼ご飯!」

相「何たべたいの?」

ぱ「うーん、焼きたてパンが食べたい」

相「ほい」

ぱ「あなたはお昼ご飯は、パンでも良いの?」

相「俺はなんでもいい」

ぱ「ほい。んじゃ行こう」

 

ぱ「あぁ、このパン美味しそう」

相「はい、トレーに入れて」

 

パン屋についたら相方さんはトレーとトングを用意していました。

 

相「あ、これ俺食べたい」

ぱ「はい、正面のでいいん?」

相「いや、その奥の左のやつ」

ぱ「はい、他は?」

相「ぱんださんは?」

ぱ「このクロワッサン美味しそう」

相「ほい。あとは?」

ぱ「あ、これも美味しそう」

相「焼きたてだって、美味しそうだね」

ぱ「うんうん。いれる」

相「あ、ちょ。他のパンにくっつくからトレーもう一つ必要かも」

ぱ「ほい。個包装されてるのと焼きたてと分けよう」

相「ほい、他は?」

ぱ「ないかな」

相「ほい。んじゃ会計してくるわ」

相「はい、次は?」

ぱ「次は夕飯!」

相「ほい」

 

この時点で2店舗立ち寄り購入した袋は2つ。

2つとも相方が持っています。

 

ぱ「夕飯何にしようねぇ。作っても良いんだけど」

相「いや、この買い物終わって家帰ったらぱんださんは絶対に寝るから夕飯はお惣菜にしたほうがいい」

ぱ「くっ……否定できない。いや、でも……でも……たぶん寝ないよ……たぶん」

相「いーや、寝るね。だって今もうあなた体力無いじゃない」

ぱ「うんまぁ。まぁそうね」

相「でしょ?じゃぁ何たべたいの」

ぱ「あー、おこわもいいな……でもとんかつにしよう」

相「ほい。俺は寿司がいいから、寿司先に会計してくる。ぱんださんは、とんかつ何がいいか選んでおいて」

ぱ「ほい」

相「おまたせ。何が欲しいか決まった?」

ぱ「決まった。メンチカツが入ったお弁当がイイ」

相「ん。お弁当でいいの?他はいらない?」

ぱ「ご飯ついてるし、ふだん食べてるのも入ってるからこれでいい」

相「了解。すみません、これとー、これ。あとこのお弁当一つ」

相「はい。次は?」

ぱ「次はケーキ!」

相「ほい」

ぱ「ちょっと量が多くなってきたね、一つ袋持つよ」

相「うーん、じゃぁ、これ持てる?これお願い」

ぱ「ほい」

 

相方はセリアの袋とお惣菜の袋、ぱんだはパン屋の袋を持ち、ケーキ屋へ

 

相「どれが欲しい?」

ぱ「これがいい」

相「他は?」

ぱ「うーん、あ、メロンがある。これ」

相「他は?」

ぱ「他はいいかな」

相「ん。すみません、これとー、これ。あと、これとこれとこれ一つ下さい。はい、大丈夫です。はい」

相「おまたせ。どした?ぼーっとして」

ぱ「うん、ちょっと遠くで蜃気楼見えてた」

相「それもう幻覚見えてる。はよ帰ろう」

ぱ「うん……あ、何か持つものある?」

相方「じゃあ、このケーキお願い」

ぱ「ん」

 

家路まで徒歩12分

ぱ「エレベーター……」

相「あなた2時間の買い物でバテすぎ」

ぱ「いやー……少し歩かないとダメだねー」

相「そういいつつきっと引篭もるんでしょ」

ぱ「たぶんね」

 

ぱ「ハァハァ……ハァハァ」

相「ほら、自販機あるから飲み物買おう」

ぱ「のむー」

相「何がいいの……あ、紅茶花伝あるからそれか」

ぱ「紅茶花伝」

相「まぁそうだよね。ほい」

ぱ「ちょ。ボトルのキャップ空けられない」

相「もぅ、ほら貸して。はい、開けたよ。んで荷物は俺が持つからそれこっちに渡して」

ぱ「ん」

 

相方はセリアの袋、パン屋の袋、惣菜の袋、ケーキの袋の4つを持ち歩いています。

一方ぱんだはミルクティーを飲みながら歩いています。

 

相「お、燃料いれたら途端に足取りが軽くなった」

ぱ「美味しい……五臓六腑にミルクティーが染み渡る~~」

相「ははは。それは良かったな。歩き方が競歩の人みたい」

ぱ「その例えはわからんな」

 

ぱ「あともう少し……あぁ~……座りたいぃ……体が重くなってきた」

相「ほら、もう少しだから。ああついたよ。ほら入って」

 

玄関の鍵をあけ、ドアをあけてぱんだが中に入るのを待つ相方

玄関中に入り靴を脱ぎ荷物を部屋に置く。

 

相「ほら、シャワー浴びなさい」

ぱ「あぁ……座れるぅぅ」

相「おばあちゃん聞いてる?シャワー浴びてきなさいって。あとうがいと手洗いもしとき」

ぱ「うん……そうする」

 

相方との会話【買い物2時間編】まとめ

約2時間のデートの模様、楽しんで頂けましたでしょうか。

ぱんだの行きと帰りと明らかに言葉数やテンションが違いますよね(´・ω・`)

相方さんがぱんだをおばあちゃんというのは、冗談です。

 

ケーキは銀座コージコーナーでメロンのショートケーキ、ふんわりクリームシフォン(チョコチップ)、それと午後の紅茶のスフレワッフル、他2つ、合計5点を購入。

ケーキは本日7月18日の夜に食べる予定でいます。

 

皆さまが誕生日に買うオススメのケーキ屋さんがありましたら教えて下さいませ。

では、また。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

www.pandablog.xyz

www.pandablog.xyz

www.pandablog.xyz